Thinkpad x220にmacOS High Sierraをインストールする夢の話

Thinkpad x220 Hackintosh Hackintosh


Thinkpadの7列キーボードを搭載したmacbookがあれば・・・そんな妄想を夢の中で実現しました。

インストール方法

まずはmacを使ってUSBインストールメディアを作成します。
必要なものは
MacOS High Sierraのインストーラー

すでにmojaveにアップデートしてしまっている場合でも、上記のリンクにアクセスすればAppストアからダウンロードできます。
EFIの中身、kext類

上記リンクのgithubからThinkpad x220用のファイルを落とせます。これを使えばトラックポイントなど大抵のデバイスは動作します。
clover configurator

USBメモリ


用意ができたらまずは通常のmacOS High Sierra用インストールメディアを作成します。
USBメモリを接続してターミナルから作成
sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia –volume /Volumes/USB/
作成できたらclover configuratorを使ってEFI領域をマウント
githubでダウンロードしてきたHigh Sierra用のEFIファイルをコピーします。
Thinkpad x220 Hackintosh用のUSBインストールメディアが完成、USBメモリからbootしてインストールします。
インストール後は同じ手順で今度は内蔵ドライブのEFI領域にEFIをコピーするのを忘れないようにしましょう。
kextがS/L/Eに入れる必要があるファイルが混ざって構成されていますが、ご丁寧に「kext-install.command」を実行すればインストールされるようになっています。
実行後は音が出るようになり。Thinkpadのキーボードについている音量調節ボタンも使えるように成りました。
ここまでずらっとHackintoshをすでにある程度理解している人向けに解説してしまいました。
よくわからなかった人はこちらの記事も合わせてご覧ください。
https://dle.work/?p=14
https://dle.work/?p=748

無線LANを動かす

上記で配布されているKextファイルで大抵のハードウェアは動作しますが、無線LANは動作しません。なのでUSB無線LAN子機を使うか

内蔵されている無線LANカードをDELL製のものと交換します。

▲実際に組み込んで動作するのを確認しました。
無線LANカードを交換した場合、Thinkpad x220のBIOSがエラーを出して起動しなくなるので、BIOSにパッチを当ててデバイスチェックを行わないようにさせる必要があります。
http://www.mcdonnelltech.com/X220_v1.44_Modified_BIOS.zip
▲BIOSパッチの配布先
Windowsをインストールしてある状態ならWindows上で実行すればパッチを当てられます。
USBbootからパッチを当てる方法はこちらで解説されています▼

USB3.0端子を使えるようにする

Thinkpad x220 corei7版にはUSB3.0がついていますが、Hackintoshでは使えません。
GenericUSBXHCIというkextを追加することにより使えるようになるようですが、私の環境では動作しませんでした。

コメント

  1. アガタ より:

    改造BIOSを導入するとtime/dateの欄が消えてしまうので要注意です。(cmosリセットをした際大変なことになります。少なくとも僕の場合です。)

タイトルとURLをコピーしました