Flutter プロジェクトの IOS Build 時に Legacy Build System を使えって言われたとき

Flutter

Legacy Build System に設定するには ios フォルダ内の Runner.xcworkspace を Xcode で開き、File から Workspace Setting を開きます。

Build System のプルダウンがあるので New Build System を変更し、

Legacy Build System を指定して Done

次回のビルドから Legacy Build System に変更されるのでビルドエラーが解消されるはずです。

この設定は flutter run にも適応されるため、 VScode 等で開発しても大丈夫です。

また、この設定は /ios/Runner.xcworkspace/xcshareddata/ 内の WorkspaceSettings.xcsettings を編集しているだけなので、 XCODE を開くのが面倒な方は

<key>BuildSystemType</key>
	<string>Original</string>

に編集するだけで大丈夫です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました