RAIJINTEK METIS PLUSでMINI-ITX Ryzenマシンを自作してみた話

PC


小型でPCを自作してみたくなったのでRyzenCPUを搭載したそこそこ高スペックなマシンをMiniITXで自作してみました。

Mini-ITXマシン構成

PCケース RAIJINTEK METIS PLUS

PCケースはRAIJINTEKのMETIS PLUSにしました。

このケースを採用した理由としては、ある程度のGPUとATX電源を積めるスペースとキューブ型のかわいい外見が気に入ったことが主な理由です。
いままでケースにこだわりがなく無骨な黒いケースを選んでいましたが、今回は白いケースを探してみました。Metis Plusなら様々なカラーバリエーションが展開されているので気に入ったカラーが見つかるはずです。
また、天面にケースファンが搭載できるようになっているのでケースファンを購入しました。この位置にGPUを乗せるのでうまく吸気したほうが良いかと思われます。

CPU Ryzen7 2700

created by Rinker
AMD
¥28,500 (2020/07/07 17:47:00時点 Amazon調べ-詳細)

CPUはRyzen7 2700を購入しました。最近だと3万円以下まで価格が落ち、TDP65Wということで排熱等々も考慮するとベストなCPUなのではないかという考えからです。
しかしこの記事を書いてる時点では2700Xの価格もかなり下がってきているのでこちらを選択しても良いかもしれません。
created by Rinker
AMD
¥37,266 (2020/07/07 17:47:01時点 Amazon調べ-詳細)

2700XにするとTDPが105Wまで上がるので注意しましょう。

CPUクーラー Thermaltake Contac Silent 12

CPUクーラーThermaltake Contac Silent 12 を使っています。120mmファンですが、サイズに問題はありませんでした。


私は基本空冷派ですが、ケースが窒息気味なことを考えると直接ケース外へ排気できる簡易水冷にしたほうが良い気もします。

マザーボード ASRock AMD 320M-ITX


特に問題はなく最初からRyzen7 2700が使えました。M.2が背面にあるので組みやすいです。
無線LANは搭載されていないので注意

メモリ PATRIOT DDR4 2400MHz 16GB×2枚

メモリはAmazonで販売されている一番安い激安メモリを買いました。

ここ数ヶ月のメモリ価格低下は凄まじく、16GB2枚の32GBセットが2万円で購入できてしまいます。
Mini-ITXマザーボードの場合にはメモリスロットの数が限られるので1枚あたりの容量を多めに取ることをおすすめします。また、RyzenCPUの場合にはデュアルチャンネルが必須なので2枚で32GBになるように搭載しました。安いうちに64GBまで積んでしまうのもありだと思います。

ストレージ WD M.2 240BG + SSD 1TB

ストレージはOSインストール用にWD GreenのM.2 240GBとデータ保存用にSamsung SSD 1TB 860QVOを用意しました。

created by Rinker
WESTERNDIGITAL
¥3,780 (2020/07/07 17:47:03時点 Amazon調べ-詳細)

SSDも大変安くなっています。
今回使用するケース、RAIJINTEK METIS PLUSには2.5インチストレージを搭載できる箇所が2箇所ありますが、1つはGPUの大きさとの兼ね合いで1つ取っ払ってしまいました。大きめのGPUを搭載しつつストレージを複数接続する場合には外付けする必要があります。
こういったSata to USB変換コネクタを使ってSSDを追加することにしました。

この変換コネクタにはUSBC版もあるので、macbookとの併用活用、マザボにあるけどつかわないUSBC端子のことを考えてUSBC端子版を購入しました。

グラフィックボード RX480

グラフィックボードは自宅にあったRX480を使いました。同じRX400番台でもMSI製のものはサイズ的に搭載できず、XFX製のVEGA54も搭載できませんでした。

このようにSAPPHIRE製デュアルファンのGPUは無駄な幅がないので搭載できます。


GPUの全長に注意しましょう。
ショート基盤サイズなら2.5インチストレージを1つ潰さずに搭載できます。最近発売されたGTX1660 Tiあたりが適任でしょうか

RX Vega Nanoを使いたかったのですが、まともな入手ルートがないようです。

電源ユニット Thermaltake Smart BX1 RGB 650W

電源はThermaltake Smart BX1 RGB 650Wを使いました。

しかし、適当に買っておいたので1つ失敗があります。それはプラグイン電源ではないことです。
Mini-ITXとなるとケース内が狭いので、必要分のケーブルのみを接続できるプラグイン電源の購入をおすすめします。

プラグイン電源でないと余分なケーブルの対処に苦労しました。
ただ、プラグイン電源でもケース内が狭いのでSFX電源を変換プレートで搭載するのもありだと思います。

created by Rinker
サイズ
¥3,478 (2020/07/07 17:47:05時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

はじめてMini-ITXで組んでみましたが、しっかり高性能のCPUを積んで、GPUも積めるので満足しています。最近はディスクドライブがなくてもなんとかなりますし、PCIeスロットの成約が問題なければMINI-ITXで組んでみるのもどうでしょうか

コメント

タイトルとURLをコピーしました